借金返済 時効

MENU

借金返済 時効

まず原則的に、お金を借りたら必ず返さなければなりません。

 

ですが、長年にわたって返済ができなかった場合にはどうなるのでしょうか?

 

借金にも時効という概念があり、もし返済が残っていたとしても、時効になってしまえば返済する必要はなくなります。
ここでもう一度言います。借りたお金は返すのが原則です。

 

借金の時効には二つの考え方があります。

 

  • 取得時効
  • 消滅時効

 

です。
個人同士の借金であれば、消滅時効の方になります。

 

金融機関ではなく個人からお金を借りた場合、時効の目安は10年間となっています。

 

いつを基準に10年間になるのでしょうか?
もし返済期日が決められているのであれば、返済期日の翌日から数えて10年間が、その借金の時効となります。

 

複数回にわけて返済をする約束になっているのであれば、返済しなくなった返済予定日の翌日から10年間が時効になります。

 

つまり返すべき日に返さなくなった次の日から数えるのが、個人の借金の時効の考え方なわけです。

 

 

取得時効とは、他人の土地にもかかわらず、一定期間、自分の土地と信じて使用していると、本当に自分の土地になってしまう制度です。

 

この取得時効で、宅建試験に出題される部分でいうと、「取得時効の要件」「取得時効完成に必要な期間」、「占有の承継」、「間接占有」
この4つが中心です。

 

取得時効の要件

 

時効により取得するには
1.一定期間
2.所有の意思を持って
3.平穏かつ公然に
他人の物を占有することが必要です。

安心して任せられる専門家に相談してください


結局解決しない借金問題はこの日本にはないのです。

ひとりでなんとか出来る借金と出来ない借金があります。

いや、基本的には一人でなんとか出来ないために悩んでいる訳ですから、悩んでいる借金は他の人に相談する以外ありません。

大きな借金は身うちや親せきに相談しないほうがいいという人もいます。
それは、自分だけではなく回りも巻き込んでしまいかねないからです。
そうなってしまうと、お金だけでは解決できない大きな溝(恨みや憎しみ)生んでしまう可能性があるからです。

これだけは、はっきりと言えます!
借金の悩みは、専門家に相談するのが一番いいのです。



【相談無料】【全国対応】【即日取立てストップ】

依頼者の85%以上が相談して良かった!と満足の法律事務所
土曜日、日曜日、祝日、夜間と24時間受付可能なので一人で悩まないでまず相談!
 
【即日取り立てストップ】【相談料0円】【費用分割可能】
粘り強い交渉で、依頼者様に出来る限り有利な条件で和解交渉を締結させます。
家族に内緒の借金もヒミツにしたまま債務整理の手続を進めることもできます。
 
無料&匿名OKの【借金解決診断シミュレーター】
過払い金から債務整理の改善方法を無料・匿名で診断可能!
3つの質問に答えるだけであなたに合った減額方法や返済額がわかります。
 
【即日取り立てストップ】【相談料0円】【費用分割可能】【全国対応】
実績がぴか一!おしなり法律事務所ならあなたの悩みを解消でいるかもしれません。
まずは、借金の無料相談から始められます。